前へ
次へ

求人票を見る時には雇用形態をチェックすること

求人票を見る時には、雇用形態を必ずチェックするようにしてください。
雇用形態というのは正社員とか契約社員、アルバイト(パート)、業務委託契約などさまざまありますので、どういう雇用形態を求人先は求めているのかを見ていくようにしましょう。
正社員が全体の求人サイトであっても、正社員だけを募集していることは少ないです。
正社員と併せて別の雇用形態でも募集していることがありますので、雇用形態をチェックしないといけないということです。
正社員として雇用されたとは言っても、入社して一時の間は試用期間として、給料などの待遇に差をつけていることがあります。
試用期間の具体的な期間は3か月から6か月ぐらいなので、その間の待遇がどうなのかということについても確認をしておいたほうがいいでしょう。
試用期間がずっと続くなどの場合にも気を付けた方がいいです。
正社員の採用のはずが実は有期雇用の契約社員だったということもありますので、求人票は隈なくチェックして、必要があれば質問をしてみましょう。

Page Top