前へ
次へ

バイトが集まらない時は求人広告の原稿を見直そう

求人広告を出していても、なかなか応募者が集まらないと悩んでいる採用担当者は多いのではないでしょうか。
そんな時には求人広告の原稿をもう一度見直してみてください。
現在、アルバイト求人はかなりたくさん出回っているので、実は応募する側が好きなものを吟味できる時代になっています。
魅力的な職場であることをアピールするためには、より具体的に詳細を書くほうがより好感度が上がるでしょう。
応募する側が一番知りたいのはもちろん給与です。
そして残業時間や休みの制度など、待遇についても知りたいと考えています。
よくあるのが明るく元気な人、といった抽象的な表現ですが、食事会を楽しみにしてくれる人、キャンプが大好きな人、というように具体的に書いたほうが応募率が上がります。
この職場は自分に合っているなと親近感を持ってもらえるような、具体的なイメージを原稿に盛り込みましょう。
そして会社や店舗のwebサイトやSNSで積極的に情報を発信することも、もちろん応募率アップにつながります。

Page Top